bande dessinée

前にブラックサッドを紹介したんですが、その他にもフランス語圏のコミックbande dessinée(通称BD)は面白いです。

にゃんにゃん.jpg

ブラックサッドの著者は元ディズニーのアニメーターでノートルダムの鐘なんかに携わってました。画力が凄まじい!

にゃんにゃんブラック.jpg

BDの欠点は日本語訳が非常に読みにくいこと。雰囲気だけ楽しむのは勿体ないので、もうフランス語勉強しようかなぁ、とか思っちゃいます。

日本語に比べれば英語の方が訳に無理がないのでそっちでもいいと思います。(仏語できればそれが一番ですが・・・)

あと、日本語版の欠点は出版までがものすっごい遅いです。出版まで10年とかザラ。韓国や中国の方が早い時も。

pilules bleues.jpg

pilules.jpg

青い薬“は非常におすすめ。スイス人作家の自伝的作品でHIV患者の妻、その息子との物語です。

 

BDじゃないんですけど、最近ハマってるデンマークの作家 “ユッシ・エーズラ・オールスン” 超おもしろい!

boooook.jpg

特捜部Qシリーズは映画化されていて、これまたクオリティが高い。

デンマーク語→日本語ではなく、デンマーク語→英語→日本語訳なのでわりかし良い感じ。北欧の人名が難しいので登場人物を拡大コピーして貼っておくといいです。

IMG_2534.jpg

親切に事件マップつき!土地勘ないのでピンが刺さったグーグルマップ見ながら事件を読み進めるとワクワクします。

 

にしても、フアンホはスペイン人なんだから西語で書いてくれよぉ〜〜〜!!!

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s