SET解体

撮り直しが終わってブルーベリーチーズケーキを食べる。

1282

この後、なぜかセット解体を意気込むTによって、セットはぶっ壊されていく・・・・

 


 

手始めに廊下の板を取り外すT。止まらなくなる。

rouka

 

Tによる解体祭開幕

yane1

yane2.jpg

yane3.jpg

天井を外しご満悦。

コードを引きちぎる。

code2.jpg

code.jpg

table.jpg

椅子も無慈悲に引き剥がす。

isu.jpg

gomi.jpg

sukkarakan.jpg

無くなってしまった・・・

SET19

人がいなかったのでシェリーさんでテスト中。

スクリーンショット 2017-04-24 0.30.16

テストで廊下が真っ暗だったので、照明をつけることになりました。

色々試してこの位置に決定。メーターは手で千切りました。

IMG_2448

IMG_2457

でろーんとしていたコードもカットして付け直し。

IMG_2455

新たな場所におさまったメーターたち。クッション置きました。

IMG_2450

パピルスも飾ります。

スクリーンショット 2017-04-24 0.31.12.png

色々壁の小道具のテストをしましたが、なんだか画面が暗いような。

これはカメラの設定なのか……

追い込みなので頑張らねばー

SCREEN TEST

スクリーンテスト。衣装の写り方なんかを見ました。

m.pngks.png

 

 

全く加工せずに使えた。やったねわいわい。でも暗すぎるかもしれない。廊下を考えよう。

参加してくれた方ありがとうございます。

SET18

廊下の装飾を作ります。写真撮ってないし急ぎ足。

まずメーター。

IMG_2069

分解した後、裏から針をぶっ壊して、アロンアルファで好きなところで止めています。

IMG_2358

かわいいペンギンのロゴが引っかかりそうなので、塗りつぶします。

IMG_2359

IMG_2361

ロゴを潰したりエイジングを施します。完成!

IMG_2363

 


 

次は窓を作ります。この窓が・・・・何度も何度も失敗している鬱要因。

IMG_2365

窓枠をスライドさせてそのまま固定するストッパーを作ります。削ったり切ったり・・・・

IMG_2366

こいつで削っていく。

IMG_2371

指をかけられるくぼみも作りましたが、作業中に窓ガラスが割れる災難。ダッシュで買いに。振り出しに戻った。

そして窓ガラス2号の取り付け。

IMG_2375

窓ガラスをスライドさせてみる。

IMG_2374

止まった!成功だ!!!

IMG_2372

誰にも伝わらない感動。やり遂げた感じする

IMG_2376

 


 

電話も作りました。ダイアルと受話器置き。ブリキ製。

KTASってなんなんだ。

IMG_2380

配線が加わると説得力がある。腰板?も取り付けました。

IMG_2381

スクリーンテストが思うようにいかなくて皆黙りはじめる。カメラが悪のか、照明が悪のか・・・・

次回大道具の予定でしたが、写真がないので飛ばします。脚本なおさねば。

Vコンテ、廊下の小道具ありがとうございます。まとめてテストします。

SET17

廊下と床を作る。

IMG_2322

青く塗った廊下の壁に、木目調の素材を貼り付けます。

IMG_2324

ガシガシガシガシ………

IMG_2327.jpg

貼った後は乾かしてパリッとさせます。

IMG_2330

かなり板を放置していたのでしなっています。ベッドの下に敷いて様子を見よう。

しなりが取れたら撮影前にたて込んで、腰板なんかの装飾をします。

IMG_2332.jpg

 


 

床の素材になるクッションフロアを加工する。

IMG_2340

シェリー太ったから重くて動かせない。

IMG_2342

敷いてみると、色が馴染んでいて手応えはある。

セットを動かしたから窓の装飾がまた1つ取れた。耐久性を考えなきゃ・・・・

IMG_2349

車内が赤、廊下が青なので、どちらの色も入っているものを選びました。ダンスホールっぽい

IMG_2354

IMG_2356

あと少しで大道具終了。早く演出をやりたい

次回はまた装飾

SET16

プラダンに穴を開けます。頑丈すぎてこの作業はもう10年はやらなくて良いよ

IMG_2311

弛むので板を取り付けます。

IMG_2313

天井の大きさにプラダンをカットしました。

IMG_2315

穴があいてるところはやっぱり弛んでしまう。渡した板も透けてしまう。

IMG_2317

上から見ると掘建小屋。

IMG_2319

Eが来たので手伝ってもらい、マスキングして色を塗っていきます。

IMG_2321

せっかくなので二度塗り前にEでテスト。うーんまだらだー

スクリーンショット 2017-04-13 16.22.07

スクリーンショット 2017-04-13 16.22.16

二度目の色塗りは天井を乗せたまま、上を向いて塗ります。ミケランジェロだ腰が……

次回

SET15

壁にテーブルを取り付けました。今回はそれと廊下の壁塗り。作業中の写真をあまり撮れていない。

お昼ご飯レベルの小さいテーブル。頬杖もつける強度のつもり。

IMG_2296

裏側は木製。

IMG_2297

物を置く表面はスチレンです。

IMG_2298

テーブルが新品ぽくてなんか微妙。エイジングしないとダメかも。

 


 

廊下の壁を塗ります。初めて使う青いペンキ。

IMG_2302.jpg

せっっっっっまい。横に掛かっている洋服類にヒヤヒヤする。

IMG_2300

塗ってから見たら、夏場でも12時間以上乾かせって書いてある。しかも二度塗りしなきゃならないらしい。

IMG_2305.jpg

時間が無いので天井を作っていきます。次回。

SET14

今回は再び装飾と、新たな「照明」です。

壁に穴を3箇所開けていきます。やるやる言っていた人が結局やってくれなかったので、木材に穴を開ける用のノコギリを急遽購入。きっとこの先使わない・・・

IMG_2264

綺麗にくり抜けた……はずなのに、

IMG_2266

穴が小さかったのか……はまらない。もう一度削ります。

IMG_2265

今回取り付けるのがこの通気孔。素材は薄いがかなり奥行があります。

壁に穴を開けるより、見えるところ以外を切断した方が断然早いですね。

IMG_2267

やっと入った。無理やり押し込んだからか窓枠がぶっ壊れる。こんな代償が……

IMG_2268

IMG_2270

曲者の奥行。

IMG_2272

この作業で一番恐れていたことが。通気孔でいつのにか手がパックリ!

裏側だけど血がセットに溶け込んでる。副腎髄質がアドレナリンを分泌して交感神経を刺激。作業に支障がなければどうでもいい。

IMG_2275

通気孔終了。


次はライト。照明で様子かなり変わるから期待が持てる。

窓枠の横にほんの小さめの穴を開けます。ちょっと大きすぎた。

IMG_2278.jpg

ソケットを挿入。こっち側はぴったり。

IMG_2277

電球を付けて光らせてみる。

IMG_2280

光ってる範囲もこれで大丈夫そうです。コードがダラーンとしてるので接着します。

IMG_2282

電球のガードをかぶせます。グラグラがなおらないのでパテを押し込んで応急処置。

コードをピーンとします。

IMG_2286

IMG_2285

光に線ができるのでシャキッとするし虹彩っぽくて雰囲気も増したような。

IMG_2288

IMG_2290

虫を群がらせたい気持ちでザワザワする。Buffalo Billがフラッシュバックした。

IMG_2292

折角のライトが飛んじゃってる。天井からの光が来れば改善するか……

テストで「カフェみたい」との声。今度ここでコーヒーでも飲んでみよう。

IMG_2293.jpg

かなり時間をロスしたから廊下を進めなきゃ。進んでるのかなぁ。

次回!

SET13

今回はテスト&セットを削って再造形します。

屋根をどうつけるか、廊下のデザインを考察。まだテーブルがないのでバーチェアで代用。

スクリーンショット 2017-04-08 13.49.59

スクリーンショット 2017-04-08 13.50.43

アクティングスペースの確保と屋根を取り付けやすくする為に、セットを削ることにしました。

内装にカバー

IMG_2253.jpg

↑↑左の壁板が斜めに削られています。

IMG_2254

向こう側の壁から出たり入ったりする刃を見るとつい触ってしまう。

IMG_2258.jpg

かなりシェイプアップされ、余分なところがなくなりました(※写真がない)

散らばった木屑を掃除機とコロコロで掃除。Fの靴下が”スポォォオ!”という音と同時に、一瞬で目の前から姿を消した。

………………

………

……

掃除機の中から再会。再会を祝って記念撮影。黒い豚の靴下。黒い豚をSchwarzes Schweinと言うらしい。Umlautないから比較的発音しやすいね。

IMG_2259.jpg

SET12

今回はこの素材たちを塗っていきます。またもやセットの装飾。

オレンジ色のホースと筒。

IMG_2196

マスケリンごっこをしたり……映画楽しみですね。(これもきっと筒に見せかけた戦車か、本物の筒を移動するためのハリボテなんだ)

IMG_2199

値下価格¥278→¥194だって。これも塗ります。

IMG_2203

ケーブルを壁でまとめるやつ。

IMG_2204

ケーブル3種類。

IMG_2205

壁で使ったアイボリーもどき再登場。

IMG_2212

一度では塗れないので何度も重ね塗りします。

IMG_2213

この作業中パスタの話題になってググったらキャンディ型のパスタを発見。

流行っているらしく、中にはチーズがたっぷり…食べたい

IMG_2214

IMG_2216

IMG_2219

IMG_2221

一晩置いて乾かす。

セットに取り付けるんだけど、手がめちゃくちゃ汚れる。

IMG_2249

IMG_2250

ケーブルを通していきます。なんか自然にエイジングされてる…

IMG_2247

端っこはまた後でカットするので適当。

IMG_2245

チューブは壁で終わり。ケーブルは上につながっている。

IMG_2246

赤と黒が一体になった色つきのケーブルも加えます。

IMG_2260.jpg

できるだけアイボリーもどきが上に来るように指で中に押し込みます。

IMG_2261

 

あと少し……

SET11

椅子にクッションと背凭れを取り付けます。

キッズルームにある柔らかい材料を使います。これは切りやすい。

IMG_2210

椅子と同じ大きさにカット、つなぎ合わせます。

IMG_2211

上に綿と布をかぶせてコーティング。

グルーガンとホッチキス2種類を駆使して、できるだけパリッと仕上げるよう心がけます。

IMG_2207

裏面は見えないので、適当に布を折りたたんでとまっています。

IMG_2237

まずは座る部分のクッション。

木の椅子に乗せて貼り付け、さらにその上から縫い付けます。

IMG_2224

IMG_2226

IMG_2227

座った時に膝裏にクッション部分が来るようにしています。ここら辺は配慮というより、ただの趣味です。

IMG_2233

両側の座る部分を作り終わり、同じ要領で背凭れも貼り付けていきます。

IMG_2236

これで椅子は完全に完成。作り終わる頃に作業が上手くなるので、とても残念な気分。

また数年後この作業をしてもリセットされて絶対に上手くいかない………

IMG_2242

次回は同時進行でやっている装飾です。

SET10

今回はセットに加える緑を作ります。

植物の色つけ。左側がエイジングで枯れた風。

IMG_2164

赤を加えるとセットの色と馴染む。紫蘇みたい。

なんかさらにジュラシックパーク感が増すような。

IMG_2166

受話器型(通気口)の中心部分に人工植物を植え付けます。

IMG_2189

思うようにいかなくてめげそう。壁に穴を開けたり色々したけどうまくいかない。

IMG_2192

最終的に、残っていた金網に人工植物を糸で巻きつけ、それをさらにグルーガンで壁に貼り付けるました。

IMG_2193

ドレッシングをかけて食べたいくらいのサラダ感。

では次回。