推理パートの話

若い白鳥って茶色いんですね。当たり前なのかもしれませんが、最近知ったのでかなり驚きました。確かに雛は黒っぽい‥‥‥‥

さて、#6推理パートの登場です。

こちらも元はFrogwaresのホームズシリーズに登場する『Deduction board』を参考に作り始めました。

ニュース記事やインタビュー映像から、有ること無いこと可能性を押し広げてイチャモンをつけるこの遊びは、わたし達が日頃よくやっているものです。アレリンに非科学的な演繹だ!と言われてクビにされますかね🙃

  

ここからは推理パートの遊び方を紹介します。

物語を進める中で、資料がそろうと『推理パート』が強制的に挟まれるシステムになっています。

副題の下の四角い枠線の中に、資料から得た『事実』が書かれて、そこから考えられる可能性がメモとなって表れます。

クリックするとこのメモが大きくなり、さらに詳しく『この可能性はある』のか『ない』のか、『まだ判断できない』のかを3択で選ぶことになります。

元の画面に戻ると、自分が選択した結果が◯×△という記号で反映される仕組みです。

可能性がある →『◯』

可能性はない →『×』

まだ判断できない →『△』

きちんと正解を選べた場合はメモの色がグリーンに変化します。この作業を副題(インデックスの数)ごとに繰り返す感じです。

推理の『結論』が出ると、メモはオレンジ色になります。

正解を選ぶとステータス(知性)が上がり⤴️、不正解なら下がります⤵️。正解を選ぶまで繰り返します。

また、今まで集めたエビデンス(証拠)やドキュメンツ(資料)、関連するキャラクターを手帳から引っ張ってくることで、新たな可能性が浮上します。今回の『煙幕』という可能性メモがそれですね。

だいたいこんな感じです。

疑り深くてへそ曲がりなこの遊びを楽しんでもらえるといいのですが。「もしこうだったら?」って考えるのは楽しいですよね。

 

ここまで読んでくださってありがとうございます。そういう方は最後まで読むんじゃないかなと期待して、欲深くも推理パートのデザインプロセスを載せてみます。

年明けに集まって話し合ったとき、『個別フォルダー風の外見にして、副題の数をインデックスに表示したい』とわりとすぐに方向が固まりました。

その辺の紙で完成イメージを作ります。本番の素材を切る前に、それぞれの機能を(可能性メモを選択したりページを捲る)イメージしやすくするためですね。

個別フォルダー、インデックス、可能性メモのデザインを決めています。近い色でも数パターン作って撮影。

採用されたフォルダーとインデックス。元は古い年史本の箱です。インデックスは副題の数に合わせて、取ったり付けたりできるように別で用意しておきます。あとはフルイヒトさんマジックであれこれしてもらうという‥‥うーん、結局そこの力ですよね。

 

1年目の動画はきっとパート20強で終わるはずです。現在まだ7本目というね‥‥‥物語は3年で終わりなので‥‥‥‥‥ははは、やばー😊

ストーリーは最後まで作ってあるので、こればっかりは丁寧に文章を練って、地道に絵を描きながら、一番良いと思える演出を考えていくだけなのかなという心境です。

ではまた

ムーン本当に月

遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。🎍Happy New Year 2022🐯🎍

『ネズミ捕りの猫』の紹介動画#4と#5が公開されています。

 

レコードもらった? #4

#3から登場するアパートの背景。玄関前、廊下、(のちに大きな変化の舞台となる)階段、そこに郵便受けを追加してもらった盛り盛りスペシャルな一枚です。使い勝手が最高。

ウィルがなにやら隣人の手紙を回収していましたね‥‥‥Tinker Tailor Soldier Spyをよく憶えている方であれば、プリドーの小学校での行いと合わせて考えると、閃くものがあるかも。

 

作戦の責任者トム #5

前回の#4と同じ日の話なのですが、内容を分けてみました。この作戦の責任者『トム』が初登場です。

頼りない後輩(だらしない?)感を出したくて、上着を少しダボっとシワ寄せたり、襟曲げたり、ネクタイとカーディガンを中心から外したり、立ち絵に歪みを出しつもりですがどうでしょうか……‥なんだか男前に塗ってもらったせいか、こちらの期待と予想よりも高いポテンシャルを持ってしまったなと。

  

 

次回登場する『#6推理パート』のデザイン決めに集まりました。配信前の10月に三日間集まって作業した時は缶詰でほぼほぼ外に出なかったので、今回はしまちゃんと山に登って海や富士山を眺めたり、洋菓子店まで歩いてリフレッシュしました。やっぱり少しでも時間を作って全身運動と目の疲労回復したほうが効率いい気がします。

本来決めなきゃいけないことよりも大幅に前進したので、動画にすると#11くらいまではスムーズに進めそうです。多分🙃

 

今までyoutubeあげたプロローグから#5までのサムネたちです。アパートから出てないけど、そんなに雰囲気被ってないのでは?

もう少し動画が貯まったらまとめてニコニコにあげるか考え中です。

それにしてもyoutubeに動画を上げ始めてから修正箇所が見つかる見つかる……ビジュアルがそろって完成イメージが見えると客観的になれていいですね。体験版配布まで修正の嵐です。わけわからなくならないように気をつけなければ。

冷たい犬ケーキ

Kalter Hund/カルター・フントは焼かずに冷蔵庫で冷やして食べるクーヘンだそうです。表面が冷たく濡れていて犬の鼻を連想させるからとか‥‥実はLukullus/ルクルスという本名がある。こっちはどういう意味だ?

クーヘンは置いといて、ゲームの紹介動画#3が公開されています。

 

カットイン・スチルの線画プロセスを紹介してみます。

いきなり『1』ではなく、この前に色んなポーズや構図を試しています。アナログなので歪みはスマホで全体の写真を撮ったり、スキャン→反転して確認しています。この画像もその時撮ったものです。

髪を描くのがすごく苦手なので、色んな資料を見ながら最初にやっつけます。ロビンのトレンチコートはわたしの私物を資料にしたので、立ち絵と少しデザインが違ってしまったんですが、まあ良いかな‥‥

布を描き込んだらおわりです。

顔と髪は窓から光が当たるので影はほとんど入れませんでした🪟

寺もそのうちバーガー屋になる

ゲームの紹介動画#2が公開されています!

上のアイキャッチは採用されなかった方のサムネイルです。

ついにメインシステムが公開できてホッとしています。

 

フルイヒト産の「documents」に収録されている書類系の小道具たち。

この手帳の「documents/資料」や「evidence/資料」「characters/人物図鑑」の項目はFrogwaresのホームズシリーズを参考に製作しました。とくに近いのはCrimes & Punishmentsのあたりです。

このシリーズには、19世紀末ロンドンのリサーチと再現に舌を巻く一方で、アジア描写の手抜き感になんとも言えないユルさを味わせてもらっています‥‥笑 

お気に入りは中学生の頃プレイした”Sherlock Holmes VS Jack THE RIPPER”ですかね。家に帰って単語を調べるのが楽しみでならなかった。被害者とか血溜まりとか‥‥そういう青春もあるのよ😉

  

わたしが担当したミロの立ち絵線画の作業風景です。

塗りからパーツ分けからゲームに入れて動かすまでフルイヒトさんです。

パーツごとに送った線画を作業してもらっているので、ミロの立ち絵には私の感覚の歪みが出てしまった。体験版配布に合わせて修正します。

他にも『文字のみのシナリオ』から⇨『ゲーム内の吹き出し』に入った文章も、文の区切り方などもっと読みやすく、わかりやすく修正したいです。

超どうでもいいことなのですが、実は瞳にハイライト入ってます。けっこうウルウルしてるんです。